屋上緑化で得られるメリット

屋上緑化で得られるメリットは多々ありますが、まず第一に土地の地上部分が建物の上にも広がることにより、土地の有効活用がひろがります。

また建物や暮らしの面でもメリットがあります。屋根や屋上部分に植物を植えることにより、屋根から伝わる熱が遮断され、得に夏の暑さ対策に有効です。暑さが軽減されることにより、エアコンの消費量が削減でき電気代が安くなり家計にもお得といくことになります。

建物の屋根部分は雨や紫外線などの自然の影響をダイレクトにうけますが、植栽することによりそういったものから建物を守り、防音効果や空気清浄効果も高める優れた効果が植物にはあります。

建物の無機質なものに植栽をすることにより、四季の移り変わりを感じることができるようになり、癒しの要素が加わります。なによりも温暖化によるCO2の排出量削減などの環境改善の役割も果たすことができ得られるメリットははかりしれません。

低価格省メンテナンスの屋上緑化

屋上緑化は以外に簡単にできてしまいます。方法は数種ありますが、トレー式屋上緑化システム等は既にトレーの中に植栽が植えてあるので、屋根に金具で固定するだけで作業ができてしまします。コストも抑えられて手軽に完了します。

また乾燥に強いセダムという多肉植物を、独自開発の専用培土を使い植栽することにより、メンテナンスがほとんど不要で、高品質な緑化を低価格で実現可能にしているシステムもあります。

各地域の自治体によって屋上緑化助成金制度を受ける事もできるので、設置にかかる費用を抑えることが可能です。

屋上緑化の一番のメリットは、そこに住んでいたり働いている人たちの癒しの空間となることです。屋上に菜園を作って野菜などを作ったり、草花を植えて緑を楽しむことも出来ます。地球温暖化対策にもなります。