金額に合うカタログを選ぶことが出来る

カタログギフトは豊富な種類と金額があり、贈る相手やシーンに合わせて選ぶことができる、便利な贈り物の一つとなっています。カタログを選ぶ時には、金額には十分気をつけるようにしましょう。お返しとして贈ることも多いですが、その際にはいただいた金額を超えないように気をつけておきましょう。カタログは金額が明確にわからない贈り物とは言っても、調べれば簡単に金額はわかってしまう時代なので気をつけなくてはなりません。それ以外にもシステム料金には注目しておくべきです。基本的にはシステム料金は贈り物の金額として含まないようにし、別として考えておかなくてはなりません。いただいた金額を考慮し、それに合うカタログを選べるので手間もかからず役立つ内祝いの一つと言えます。

マナーにも充分気をつける

お祝いとして贈る場合にも、金額には注意しておかないと相手がお返し選びで頭を悩ませることになりかねません。リーズナブルなカタログから、高額なカタログまで豊富にかるからこそしっかり考え選ぶべきです。悩んだ際には老舗や運営歴の長いカタログ販売ショップから選ぶようにしておきましょう。金銭面の違いは比較しやすいポイントになってきますが、それよりもメッセージカードを添えたり郵送ではなく直接手渡しに行くようにした方が好印象になるケースは珍しくありません。何を贈れば良いかわからない時には現金を選んでしまいがちですが、現金は内祝いとしては適していないので避けるようにしましょう。

内祝いとは、一言で言うと「喜びのおすそ分け」です。本来、身内で喜ばしい出来事・おめでたいことがおこったときに周囲の近しい人へ喜びのおすそ分けとして贈り物をすることを指します。