負担を感じない付け心地

日本ではスギを始めとした様々な花粉に頭を悩ませる人も多くいます。シーズン中の外出時に有効となる花粉用メガネを購入する時の大事なポイントが付け心地です。花粉対策用のメガネは文字通り空気中に飛散している花粉から目を守ることを目的に作られています。そのため、気密性を高めるあまり装着時に肌に食い込んだり重さによる耳への負担が大きくなってしまう物も少なくありません。購入する時は実際に着用してフィット感を確かめることが基本です。

密閉によるレンズの曇り難さ

メガネを利用する上で重要な問題となるのがレンズの曇りやすさです。花粉対策に限らず一般的な視力矯正のメガネでも言えることですが、レンズの曇りは大きなストレスとなります。屋外を移動中に曇りで視界が遮られたことで人や車と接触してしまうなどのトラブルが起きるケースも少なくありません。技術力の進化に伴って曇りにくいレンズも開発されていますが、その分値段は高めに設定されています。花粉対策用メガネは数百円から数千円までラインナップは豊富です。手頃な価格で販売されている物は大半が簡素な造りでレンズも特殊加工されていないため、機能性を重視する人は安さで妥協してはいけません。

子供用メガネの選び方

日常的に外を走り回ることが多い子供は顔の一部を覆うデザインのメガネは思わぬ怪我に繋がることもあります。軟性の素材でできたフード、視界を広く確保できる湾曲のフレームといったように機能だけでなく安全面にも配慮することが大切です。

メガネの花粉を落とすには、まず水道の水流でレンズを流します。水洗いでも汚れが落ちないときには、中性洗剤をレンズに1滴か2滴垂らし、指の腹でやさしく塗り広げてから洗い流すと良いです。