サングラスの効果について

サングラスはファッション的な効果はもちろん、機能的な効果もあります。サングラスの機能的な効果として一番にあげられるのは、紫外線から目を守ることです。紫外線から目を守ることで、肌が黒くなることやシミ・そばかすの原因となるメラニン生成を防止することができます。目は紫外線が当たると、目の細胞にダメージが生じます。そのダメージに反応して脳がメラニンを作れと指令を出し、結果的に皮膚の表皮最下層の基底層にあるメラノサイトでメラニンを作りだしてしまうのです。また、サングラスは目のかゆみなどの原因となる塵やホコリ、花粉から目を守る効果もあります。さらには、コンタクトレンズを装着している人は風によってドライアイを引き起こしますが、サングラスは風から目を守る効果も期待できます。

顔に合ったサングラスの選び方

サングラスは形や色など多くの種類があり、選び方がわからないという人もいるかもしれません。人の顔の形には丸顔や面長、四角顔などがあり、それぞれに合ったサングラスの選び方が存在します。まず、丸顔は顔の横の比率が高く全体的に柔らかな印象なので、直線的なラインのサングラスが似合うといわれています。例えば、スクエア型やボストン型のサングラスです。面長の顔の場合は縦に細いフェイスラインが特徴であるため、天地の幅があるフレームのウェリトン型などのサングラスが似合います。直線的で輪郭がキレイな四角顔には曲線的なオーバル型や、ラウンド型のサングラスが似合うといわれています。

サングラスは世界中に愛好家がおり、老若男女が使用しています。中にはビンテージものもあり、高値で取引されるケースもあります。ビンテージものでなくても、人気のモデルやデザインは資産価値があります。